--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.12.27 19:17

公式HP
(*転載不可の為、web魚拓で記録を残しました)
なんて素敵な笑顔でしょう・・・!(涙)
そしてなんて素敵な肩幅!(惚れ直し)



新たなスタイルを、大空祐飛が退団会見(デイリースポーツオンライン)

来年7月1日の東京宝塚劇場千秋楽で宝塚歌劇団を退団する宙組トップスター・大空祐飛が27日、大阪市内で会見した。

 1992年に初舞台を踏み、2009年からトップスターを務めている大空は「(前公演の)『クラシコ・イタリアーノ』でやっと自分を認めてあげることができた」と退団の理由を説明。卒業後については「男役・大空祐飛がライフスタイルになっていた。新たなスタイルを見つけていきたい」と話した。退団公演「華やかなりし日々」「クライマックス Cry‐Max」は宝塚大劇場(4月13日~5月14日)、東京宝塚劇場(6月1日~)で行われる。

(2011年12月27日)


『新たなスタイル』のユウヒさんも、ユウヒさんらしくあって下さい。



大空祐飛退団会見 「男役味わい尽くした」(msn産経ニュースwest)
2011.12.27 15:17

 来年7月1日付で退団することが決まった宝塚歌劇団の宙組トップスター、大空祐飛が27日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで退団会見を行った。サヨナラ公演はミュージカル「華やかなりし日々」(原田諒作・演出)とグランド・ショー「クライマックス-Cri‐Max-」(三木章雄作・演出)の2本立てで、宝塚大劇場が来年4月13日~5月14日、東京宝塚劇場が同6月1日~7月1日となる。

 グレーのパンツスーツ姿で現れた大空は、「今年になって“舞台人・大空祐飛”がおもしろいなと思えてきて、やっと(自分を)認めてあげることができた。宝塚を、男役という世界を、楽しんで味わい尽くした感じがあるので、退団を決めました。最後の日まで“男役・大空祐飛”として舞台に立ちたい」と心境を述べた。今の気持を空にたとえると、「冬のキーンとした寒さの中で、スキッと晴れた空」という。

東京都出身の大空は、平成4年4月に旧宝塚大劇場で初舞台を踏んだ78期生。同年12月に現在の宝塚大劇場が新築開場しており、現在の5人のトップスターのなかで唯一の旧大劇場経験者である。さわやかな容姿と軽やかなダンスが魅力で、月組→花組→宙組と組替えを重ねてステップアップ。花組時代に主演した「銀ちゃんの恋」の銀四郎役を思い出の作品にあげ、「自分の中でつかめたものが大きかった」と振り返った。

 平成21年6月に宙組に組替えとなり、前トップの大和悠河のあとを受けて、8月の福岡・博多座公演「大江山花伝」からトップとして舞台をつとめている。相手役の娘役トップは野々すみ花。代表作はお披露目公演となった「カサブランカ」、戦国武将の石田三成を演じた「美しき生涯」、カリスマデザイナー役の「クラシコ・イタリアーノ」などで、今年の「第32回松尾芸能賞優秀賞」を受賞した。

 大空が宙組生たちに退団を伝えたのは、「クラシコ・イタリアーノ」などの東京公演の千秋楽前日の12月24日で、「もう一度考え直しませんか」と言われたそうだ。「頂点に立つということは責任やプレッシャーが大きいけれど、それ以上のすばらしい喜びがあることを仲間たちから教えてもらった。私はみんなと作る作品の魅力を最大限に出すことを目標としてしてきた。今の宙組はその瞬間を分かち合える組になったと思う」と満足そう。ファンに対しては「不器用な私をずっと見守っていただいて感謝しています。私がもがいているときに背中を押してくださり、トップになれたのもファンのおかげです」とお礼の言葉を続けた。

 退団後については、「目の前の作品に全力で取り組んできたので、具体的に考える時間がない。長年、男役がライフスタイルになっていたので、新しいライフスタイルを見つけていきたい」と語った。

 サヨナラ公演以外のスケジュールは、名古屋・中日劇場公演「仮面のロマネスク」「Apasionado!!II」=来年2月1~24日▽ディナーショー=同5月16~17日宝塚ホテル、同5月23~24日パレスホテル東京。


こちらは写真も色々紹介してくれております。
手を振るユウヒさんの横顔、素敵過ぎて死にそうです。



大空祐飛が退団会見「感謝しています」(nikkansports.com)
*12/27PM10:30追記

宝塚歌劇団宙組トップスター大空祐飛が27日、大阪市北区のホテルで、退団会見を行った。大空は92年「この恋は雲の涯まで」で初舞台。09年にトップに就き、男役としての見せ方に徹底的にこだわってきた。衣装だけでなく普段着でも、幅、着丈とサイズに加え、素材にもこだわり、究極の男役を目指してきたが、ナポリスーツを着こなした前作「クラシコ・イタリアーノ」で、自身をやっと「男役・大空祐飛」として認めることができ、退団を決意したという。

 組子には、今月24日に退団を伝え「みんなから『もう1度、考え直してくれませんか』と言われました」と笑った。ストイックさを醸し出す雰囲気、クールな顔立ちから誤解されることもあったが、ファンには「不器用な私を、ずっと、ずっと見守ってくださって、言葉では言い表せないぐらい感謝しています」とメッセージを送った。

 来年2月には、中日劇場公演「ミュージカル 仮面のロマネスク」に主演。サヨナラ公演「華やかなりし日々」「クライマックス」は、兵庫・宝塚大劇場で同4月13日~5月14日、東京宝塚劇場は同6月1日~7月1日。

 [2011年12月27日13時55分]




『冬のキーンとした寒さの中で、スキッと晴れた空』まさにそんな12月27日。
ユウヒさんが旅立ちを決めたことは、本当に淋しくてたまりませんが
いちファンとして、ユウヒさんが宝塚にいてくれたこと、
立派なトップスターさんになってくれたことに、心から感謝したいです。

知的で素敵なユウヒさんが、いつだって、いつまでも大好きです。
銀ちゃん、もとい、ユウヒさん、カッコいい!!

kita

| 大空祐飛(OG) | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。