--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.09.12 23:50

こんばんは(・∀・)ノ

この下の記事で、kitaさんがもはや酔っぱらいのごとき
愛の告白(独白ともいう)をやっちゃいましたね(笑)

まぁ、全部ミートゥなんですが(真顔)

で、オイラも続けて痛いファン語りやっちゃいます。

ていうか、ここの管理人なんなんだろう。
ただのせなじぇい狂ですよ。

ご本人卒業して結構経つのにね。
オイラたちだけ全然卒業出来ないんですけど。

誰かこの人たちに“尾崎の卒業”歌ってやって下さい(爆)

最近、またDVDの再見をしてまして、アパショとか見まくってるんですけど。
ちょっと前にも書きましたが、アパショの紫のシーンが大好物なんですよ。

それで、このブログも管理人に色々あってアパショあたりから
感想が滞る、むしろ書けなくなっていたわけですが、
その穴埋め作業というか、もう生の記憶は薄らいでいるので、
DVDの感想など細々と書いていこうと思っています。

その一発目がアパショの紫のシーン(21場)と言うわけです。

大方のセナメイツが持っていると思いますので、
お手持ちのセルDVDを再生しながら、
あるいはご覧の前後でお読み下さい。

今回はそのセルDVDの実況解説方式で感想を述べております。
例によって感想にもなっていないですが・・・・・。

前置きも本題も長くてクドイですが、それでもOKな方はどうぞ。





幕が開いた瞬間の大階段のセットがまず良いですねぇ・・・。

そして娘役に囲まれてスタンバってる姿、ご覧ください。
フォーメーションも完璧です。
後ろ向きに登場して振り向くのがニクい!
私、好きなんですよ。(どーでもよい)

曲がまた最高です。
この焦燥感と切なさの滲んだラテンナンバーがせなじぇいに見事にはまっております。

ここから階段を下りてくるわけですが、表情をご覧下さい。
いいですねぇ~。
ちょっとSっぽい表情が堪らないですよ。
目線も完璧です。

と、ここで階段を下りきって、歩いてくる時の姿、表情に注目です。
かなり偉そうです。
それでこそ主演です。殿です。

孤高の王様と言ったところです。

真顔の中でも、あの目が座っている時のせなじぇいの色気ったらないですね~
首と体の角度も見事に決まっています。

ただ歩いているだけなのに、あまりのカッコ良さに衝撃さえ受けます。

まさに嘘でしょ~?です。

そしてここで、まず初めのターン・・・!

おっと・・・!!

これはいけません・・・!!

前髪のセットが乱れます。
まず、最初の鷲づかみポイントです。
無駄にエロい演出を入れてきましたよ。
これは絶対計算です!

しかしながら、完全にヤツの術中にはまってしまいましたね~

さらに繰り出されるターンでどんどん髪が乱れます。
私の心も乱れます(バカ)

♪求めて熱い海を彷徨う

その歌詞(くだり)の振り付けで、文字通りまたもやハートを鷲づかみにされます。

この段階で『求め、彷徨って』いるのはもはやせなじぇいではなく、自分です。

そして娘役ちゃんたちとの絡みに入っていく訳ですが、
かつて某お茶会で『自分はそんなに娘役と絡みがない』
などと平然と語っていたのは誰なんでしょうか。

いやぁ、むしろちょいちょい絡んでますよ。
忘れてるあたりが憎たらしいですねぇ。

計算外のエロさだと言うつもりでしょうか。

私が思いますに、まさちゃんは男役はべらせてなんぼというか、
それが似合っていた(特にダンスシーン)と思うのですが、
一方せなじぇいの場合、やはり娘役はべらすのが似合いますねぇ。
(※この場合、群舞という意味ではなくあくまでも絡みながら踊る事を指します)

まさちゃんは倒錯した雰囲気も持っていましたが、
せなじぇいはやはり“リアル”が持ち味。
(kita氏も下で語っていましたね)

女性との絡みが最高です。

無駄にエロいです。
で、また必ずと言っていい程、こういうシーンで、どSなんですよね。
瀬奈さん。

グッとエロいどS顔で娘役を引き寄せたかと思うと、
ニヤリと口の端で笑ってつき離す・・・。
そしてまたどS顔に・・・。
と思えば、眉間にしわ寄せ悩ましい表情に・・・。

そのさまときたら・・・・・・゚・(ノ∀`)・゚・

このあたりでもう泣けてくるくらい最高です。

これに限った事じゃないんですが、表情の切り替えが凄いんですよ。

で、あいちゃんと絡んだ後、すれ違いざまに“ガッ”と振り向きますね。
その切れの良さと表情、俺様度、どれをとっても最高!最高!

あまりのカッコ良さに、とりあえず、
見ながら

グホッ・・・!

とか意味の分からない言葉を発する羽目になります。
もとい言葉というより一撃喰らわされた人の呻き声と言うべきですね。


で、最後は退団するちわちゃんとすれ違いざまの満面の笑み。

ギャップがありすぎますね。
困ります。

完全に虜です。


なんでしょうもう、カッコ良すぎて、素敵すぎて、
何だか分からない興奮に包まれたまま、シーンが終了していきましたね・・・。

(了)

| 夢の浮橋/Apasionado!! | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。